大使のあしあと


冒険者に一貫性という言葉は意味がない

一貫性という言葉は意味がない


永遠の宿敵同士?

お名前陽子
(本名:加藤陽子)

過激にして愛嬌あり
明治生まれの宮武外骨にもどりたいです
義経のゲタにももどりたいです

20世紀名古屋生まれ
尾張のカブキモノ殿さま徳川宗春と同じ誕生日だと
書かれてますが,暦がたぶん違います


一本ゲタに出会ったとき,
学校生活はサルタヒコの本拠地
 三重県鈴鹿市にて修行中






今はアソコに住んでいます

アソコは,ここにもありそこにもあり
どこにでもあるのだけど
けどアッチにしかやはり無く
今ここにあるといえばあり,
ここに無いといえば無いものです
で,みんなが了解して共有しているものがアソコです

アソコに住むお名前さんは
もう,ずっと前から,
からっぽの場所を冠する旅に出ています



Kazz赤ゲタを手に取る!☆

その忘れられているもの
その美しいものを守りたいだけ♪と
今日もどこかで1本ゲタにのって歌います




いつもウロウロしています
いろんなものが落ちてこぼれてるので,拾います


◆大使へのメール◆




武術研究家甲野善紀氏の感嘆の言葉


「わたしは長年朴歯の下駄を愛用し,又
一本歯下駄の効用を多くの人に紹介してきたが,
お名前女史ほどこのゲタを生きる伴侶としているような人は
これまでにももちろんなかったし,この後も出会うことはないだろう」





お名前女史のゲタ好きにはあきれてものが言えない





ここに関係のありそうな略歴


大使はわりと子ども時分から,
懐かしいものや古びたもの,昔のもの,
ひなびてて,なつかしいうらぶれたものが好きでした

親戚などの他人の昔のアルバムを飽くことなく眺めていたり,
洋装じゃない男性(たとえばお坊さんとか,カミサマとか)にグッときたり,
昔から伝わっている踊りや音楽,お祭りの灯りや色,
古い昔の録音が好きだったりしました

異国の民の話す音や残した文字に憧れ,どういうわけか
東アジア・中央アジアやロシア,バルカン半島,東欧,地中海沿岸の地に
強くあこがれる10代を過ごしました

旅芸人や移動の民の芸能にもひどく恋焦がれていた大使は
とりあえずモンゴル語学科を受けてみたりもして
学校ではスペイン語をかじり,
懐かしい風景を求めては中国大陸へ遊びに行き始めます


1997年春 急なご縁をいただき,三重県鈴鹿市にて
日系ブラジル人やペルー人の子どもたちと過ごすことになりました

今を生きるフレッシュな人たちとつきあうようになって5年くらいたったころのことです


2001年 武術研究家の甲野善紀さんを暮れに発見。6年ぶりくらいのテレビ視聴時に見つける。南伸坊さん『大人の科学』で見知ったあの人に違いないとものすごくコーフンし「今までのゴールであり,ここから何か始まる。ここを通過せねば」。「美しさは罪!」運命の出会いだと決める。
2002年 ナマ甲野さんに仙台でお会いし,美しさにシビレ,追っかけがはじまる。
2003年 1本ゲタに出会い,飛び乗ってそのまま乗り続ける。職場の登下校はゲタ,就業時間中にもゲタを大活用。恵比寿稽古会(現・半身動作研究会)の中島章夫さんにご縁をいただき,中島さんの監修する稽古冊子<松聲風伝>に『ゲタゲタ通信』の連載をはじめる。いちおう,甲野さんの「随感録」に2度書かれる(7月15日11月4日)。名古屋では現カラダラボの山口潤さんをはじめ,稽古同人と知り合う。
2005年 小学校を離れ,ニューヨークにて「あなたは昔モンゴルから東欧にかけて移動していた」とサイキックカウンセラー原田真裕美さんに言われ,素性を思い出す作業が始まる。「あと,2003年に出会いがあったようなんですが・・・」「?」。その続きでアラスカの友人宅滞在中に,1本ゲタと自分が相似形であることに気づき,というか思い出し,『ゲタゲタ通信』はひとつクライマックスを迎える。マルコポーロもしくは「わたしはジンギスカン(義経)だった」大使説に異を唱えた中島章夫さんは云いました「お名前さんは一ゲタだった,鞍馬で,あのときの。そして義経と一緒にモンゴルへ渡った」。その後アソコを発見し,何ヶ月もリフォームして住み始める。楳図かずおさんトークの日に最前列に着席し,赤ゲタを手にとってもらえたのを自分の伝説にする。
2006年 名古屋駅で甲野善紀さんをお迎えしているとき「さんまの夢をかなえます」の街頭インタビューを途中まで受けたことにより,わたしや子どもたち用に赤ゲタを大量生産してくれた陶芸家の小野穣さんと盛り上がり,<1本ゲタ大使>&<一本ゲタ大使館><今日のお仕事>の着想を得る。
2007年 本家アソコでは,お誕生会やお盆など,子宮・胎内や彼岸に敬意をはらったさまざまな季節行事をしたり,新春ハッピー餅つき大会 in アソコをハッピーハロウィン in JAPANの代わりに遂行し始める。関東に「アソコ整体院」こと分家アソコが誕生。
2010年 独立研究者(数学者)の森田真生さんを1月の「この日の学校」で発見し「大使★世紀の発見」だとよろこぶ。「この天才との開きは壮大なほどテッテー的だが,しかしこの人とわたしは完全に地続きだ」と確信し,運命の出会いだと決める。また,4月から身体教育研究所・八事稽古場の稽古に楽しく通学。自分のお墓をみつけたように気に入る。
ブログ「モンゴルより井上です」の井上校長のいるナラン学校(モンゴル・ダルハン市)に秋から渡るかもしれない流れに時めいたが,いろいろ考えて今回は断念。「モンゴルより義経です」のフレーズがひらひらと降りてくる。もらった!
ゲタ大使がたぶん帰ってきた!ということで1本ゲタ大使館をここに開館(6月)。
8月から<数学の演奏会>(講師:森田真生さん)をときどき執行。10月,甲野善紀さんの推薦?文(添削)をいただき,HPとも無事リンクさせてもらう。同じく10月,風魔の飛び加藤の噂を初めてきく。。
ゲタ大使活動のなか荒川修作さんのことを知り,アソコはそこと正に地続きであるので,うれしく思う。「数学わくわく新聞」を宮武外骨みたいに過激に刊行したいと閃き,時めく(2012年9月,まだ実現せず。求む!黒坊)。
2011年 自身のゲタ化はサボりながらも,ゲタ大使の名のもとに少しずつ活動に励む。

◆森田真生企画:
とくにニュースはないけど,順調ですから,大船に乗った,というかゲタに乗った気分です。降りたり止まったりすると転んでキケンなので,この調子でなるべく乗り続けます。大震災が起こり,原発事故が起こり,大変な時代になりましたが,生き甲斐・働き甲斐のある時代になったとも感じます,まっとうに命を全うしていきたいです。この,時代の変わり目に生きて,同志に出会えることを感慨深く思います。森田氏の東海地区の数学塾はファンやエリアがどんどん増えてます

◆身体教育研究所八事稽古場ノート「(仮題)美しさは罪 雑な大使のらんぼうレポート」 そろそろ本気で始めます。←森田氏の華やかさに比べると,こっちの先生は地味ですが,大使が思うに森田氏のお仕事(言っていること)とそっくりで,つまり表と裏のようなかんじで,それはそれはうつくしいお仕事です。大使は,どちらの塾でも出来の悪い生徒なんですが,窓口を買って出ます!声援お願い☆と言ったきりで一年たちました。さらなる応援お願いいたします
2012年 ゲタ大使10年目の正直の年にします 
本人による前世レポート|モンゴルより義経です by 大使
『大使館新報 呑気』をいちども発行せずに延刊し続けています
2013年   6月 数学せんべい 誕生しました
11月 『大使館新報 呑気』 第一号発行しました (第5号まで発行 2014/07/26)
2014年   5月 8年以上住んでいたアソコ(一本ゲタ大使館)に本当に移り住む(住民票異動)
8月 『大使館古報 呑気』 も発行し、昔のゲタゲタ通信を載せます




2010年8月6日(金)
大使館初の公的行事,数学の演奏会
 無事催行いたしました
1月に全国初の「数学の演奏会」を企画・運営・実行してくださった
株式会社ラヴィの皆様のおかげで,大使の会も実現いたしました
ありがとうございます

ゲタ大使の横顔 designed by UNI


ゲタ大使の横顔 designed by Sawatari, UNI

この日,この世に誕生して以来,初めて頭髪セットなるものをしてみました
この日の大使

養老天命反転地ツアー お昼ごはん

養老天命反転地は暑かったです

養老天命反転地ツアー 荒川修作_裏話

これが大使館最初の行事でした
とうとう館の主人になってしまいました
みなさん今後ともどうぞよろしくお願いいたします

大使拝


大使館ご案内へゲタでもどる